マンションを貸したいと考えた時に取る行動

マンションから引っ越しすることに

マンションから引っ越しすることにマンションを貸したいときにすること安定した不動産収入を手に入れる

長らく家族でマンションに住んでいましたが、引っ越しをすることになりマンションを手放すことにしました。
マンションを売却する選択肢もありましたが、今回は投資をしてみたいと言う思いから、マンションを貸し出すことにしました。
自分が住んでいたマンションは、比較的人気がある所だったため、投資物件としても魅力的と感じたのです。
これからもう少し価値が高まりそうなので、今売るよりも賃貸として長年貸してそれから売却した方が良いと考えたわけです。
マンションを貸したいと考えた時から貸すための準備はスタートしますが、1番最初に行ったのは情報収集です。
行動力がある人は、まず不動産会社に行き直接話を聞くかもしれません。
しかし自分の場合は、十分に下調べをした後不動産会社選びをしようと考えました。
まず、調べたのは維持費がどれぐらいかかるかと言うことです。
マンションの投資といえば、お金が入ってくるため入るお金のことばかり計算する人が多いでしょう。
しかし自分の場合には、入ってくるお金よりも、出ていくお金の方が気になりました。
もともと自営業をしていたため、出ていくお金には非常に敏感だったわけです。
調べる前から知っていた事は、まずリフォームをすることでした。
住んでいた状態でそのまま明け渡すのではなく、壁紙や汚くなった床などを新しくして渡すのが常識となっています。
そのリフォーム費用は概ね見当がつきました。
ですが、調べてみるとそれ以外にもいくつか大きなお金がかかることに気が付きました。

マンションを貸したい : マンションを貸すときに必ず知っておきたい5個のこと